秋季Cは走りまくる!地獄メニューで精神面強化

 地獄のキャンプが幕を開ける。広島は29日、主力選手28人らが秋季キャンプ地の宮崎・日南市入り。野村謙二郎監督(44)らはスタッフミーティングを行い、過酷な走り込みを課す方針を決めた。

 13年連続Bクラスから巻き返しを図る赤ヘル軍団が原点回帰ともいえる猛練習に取り組むことになった。きょう30日から始まる練習で、午前中の2時間ほぼすべてをトレーニングにあてることを決定。ランニングが主なメニューとなる予定だ。

 体力アップはもちろん、最大の目的は精神面の強化。高守備走塁コーチは「春と違って後のことを考える必要もない。追い込めるだけ追い込む」と容赦なくムチを振るうことを明言した。体力と気力を一から練り直すため、赤ヘル戦士たちの悲鳴やうめき声が響く毎日となりそうだ。

広島ドラ4金丸、必殺兵器は“エビちゃんシュート”

 “エビちゃんシュート”を武器にプロの世界での飛躍を期す。広島からドラフト4位指名された東海理化・金丸将也投手(23)が29日、愛知・豊川市内の同社音羽工場で川端編成グループ長、松本スカウトからの指名あいさつを受けた。同投手の持ち味は長身からの角度ある直球と独特な軌道を描くシュート。佐土原高の先輩にあたるモデル・蛯原友里のような“スーパー”な存在になれるか!?今後の活躍に注目だ。

 ▼東海理化・金丸 身長があるので直球の縦横の角度と、シュートをアピールしていきたいと思います。(最も自信を持つ球種がシュート)教えていただいても、その人によって感覚とかが違いますので…。投げ込んで、自分なりに磨いてきました。球速は120~130キロくらいですが、曲がりを大きく、シンカーのように落ちるようなイメージです。

ドラ5磯村「実感がわいた」指名あいさつ受け笑顔

 安心して尊敬する先輩の胸に飛び込んでいく。川端編成グループ長、松本スカウトからの指名あいさつを受けたドラフト5位指名の磯村(中京大中京)は「スカウトの方からいろいろな話を聞いて、実感がわいてきました」と満面の笑み。28日のドラフト会議の指名直後には甲子園でバッテリーとしてともに優勝を経験した堂林に電話連絡。「練習は厳しいが、野球のやりやすい、いい雰囲気だと教えていただいた。4~5年後にどれだけできるかだと思う」と近未来の活躍を描いていた。

広島 石原 2度目のFA権交渉「ここまで悩んだことはない」

 広島の石原が30日、マツダスタジアムで今季取得した国内フリーエージェント(FA)権について球団と話し合いを行った。シーズン終了後2度目の交渉となったが、権利を行使するかどうかの結論は出なかった。

 球団側は引き留める方針で、石原は「お互いに思っていることを言い合った。これまでに、ここまで悩んだことはない」と話した。

SpoNichi


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-10-30 (土) 23:45:53 (3243d)