広島・野村監督、三村氏一周忌に来季巻き返し誓う

 天国の先輩に勝利を捧げる。元広島監督、故三村敏之氏の一周忌だった3日、広島・野村謙二郎監督(44)が秋季キャンプ地の宮崎・日南で来季の巻き返しを誓った。

 楽天の編成部長を務めていた三村氏が心不全で逝去してから1年がたった。「ドラフト会議中、キャンプに来ても、三村さんのことを思い出します。何年たっても忘れられない」。野村監督は現役時代に指導を受け、昨オフの監督就任時にも励ましてもらった恩師を、あらためて惜別の思いとともに振り返った。

 就任1年目は5位で、13年連続Bクラスに沈んだ。チームが最後にAクラス入り(3位)した97年にチームを率いたのが三村氏だったのも何かの縁。野村監督は「良いチームをつくり、良い報告ができるようにしたい。結果がすべてですから」と強調した。来季の勝利、そして優勝こそが三村氏への何よりの手向けの花だ。

「4年間は遠回りではなかった」福井優は同級生対決に意欲

 【早大ドラフト1位トリオ会見】広島から1位指名を受けた福井優は、硬い表情ながら時折笑顔を見せた。

 ―愛媛・済美高時代には巨人に指名されたが拒否し、浪人して早大に進学した。4年間を振り返って。

 「遠回りではなかったと思う。(指名された瞬間は)素直にうれしかった」

 ―広島というチームについて。

 「若い選手が多い、という印象がある」

 ―斎藤、大石という仲間の存在は。

 「斎藤、大石がいて、今の自分がある。仲間も大事だが、自分をしっかり持って、しっかりした選手になりたい」

 ―プロで対戦したい打者や、投げ合いたい投手は。

 「斎藤や大石と対戦できればいいかな」

 ―どんな選手が目標か。

 「ファンに愛される選手になりたい」

SpoNichi


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-11-05 (金) 00:36:44 (3118d)