広島本拠地に新名所?2体の“超美技人形”設置へ

 来季の新名所はこの2人で決まり!?広島が本拠地のマツダスタジアムに赤松真人外野手(28)、天谷宗一郎外野手(27)の“スパイダーマンキャッチ人形”を設置する計画があることが13日、明らかになった。

 今季に左翼席コンコースに設置されていた「激突!天谷くん」人形は既に撤去が決定。代わりに「飛びつけ!赤松&天谷くん」人形とでも呼びたくなるような実物大フィギュア2体が制作されることになった。

 ポーズはもちろん赤松が8月4日、天谷が同22日のともに横浜戦で見せた、本塁打性の打球をフェンスに登ってつかんだスーパーキャッチのものだ。

 それぞれに「天谷くん」人形の制作費とほぼ同じ約500万円を費やす予定の逸品。球団幹部は「天谷くん人形よりリアル志向のものになる」と不敵に笑って予告した。日本中を沸かせたファインプレーの再現は、来季の格好の記念撮影スポットになりそうだ。

今季の黒田獲得は断念…鈴木本部長「ずっと待つ」

 赤ヘル軍団は右腕をいつまででも待つ。ドジャースからFAとなっている黒田博樹投手(35)の今オフ獲得を目指していた広島は13日、球団首脳が相次いで交渉を断念することを認めた。

 球団側は12日までに黒田本人から、もう1年大リーグでプレーしたいという意思を伝えられた。今回獲得に際して広島は黒田と06年オフに結び07年オフのFA宣言にともない解消された4年総額12億円に匹敵する条件を提示したとみられるが、松田オーナーは「彼にとっては悔いのないベストの結論を選んだのだと思う」と決断を尊重する考えを示した。

 待ち望んだ元エースの今オフ復帰はならなかった一方で、鈴木球団本部長は「来年以降もずっと待つ。彼は特別な存在」と明言。来オフ以降も日本球界復帰に向け、ラブコールを送り続ける方針だ。黒田ではかなわなかった投手陣の補強について、同本部長は「新しい外国人投手でと考えている」と話した。ジオ、スタルツと再契約するかの判断も含め、補強プランを練り直す構えだ。

遠のいた広島復帰 黒田 チーム最高年俸で再契約濃厚

 ドジャースとの3年契約が終了し、FAとなった黒田博樹投手(35)が、週明けにもド軍と再契約することが12日(日本時間13日)分かった。

 日米の球界関係者が明らかにしたもので、既に詰めの作業に入っている。契約内容は1年契約で、米メディアによると、年俸は約1200万ドル(約9億8400万円)に達するとみられる。

 ド軍は先月20日に今季10勝を挙げた左腕リリーと3年総額3300万ドル(約27億600万円)で再契約。マッコート・オーナーの離婚問題もあり、資金難から黒田残留は難しいとの報道もあった。

 しかし、コレッティGMは「黒田は3年間いい働きをしてくれた。中でも年々ピッチング内容が良くなったのは特筆に値する」とシーズン終了後に発言。今季ローテーションを守り、196回1/3を投げ抜いた右腕に対し、高い評価を下し、独占交渉期間が過ぎた後も粘り強く交渉を続けてきた。

 1200万ドルでの契約となれば、現時点でチーム最高年俸となる。「僕の中ではある程度方向性が見えてきた」とメジャー残留の意思を固めた黒田にも球団の熱意が十分に伝わったようだ。

 今季地区3連覇を逃したド軍はトーリ監督が勇退し、マッティングリー新監督の体制下でV奪回を目指す。黒田のド軍残留が正式に決まれば、投手陣の柱として、フル回転が期待される。

さすが広島1位 福井優“持てるものの強み”

 【早大4―0愛知学院大】早大は7回からリリーフした福井優が3回をぴしゃりと抑えた。「いつでも行けるように準備はしていた。最後は(本来の抑え役の)大石の登板と思っていた」そうだ。

 応武監督は福井優のスライダーに愛知学院大が合っていないと見て、最後まで投げさせた。“持てるものの強み”だ。広島1位指名の右腕は「勝ちたい気持ちはもちろんだが、それより楽しみたい」と大学最後の大会に臨んでいる。

SpoNichi


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-11-15 (月) 01:37:15 (3228d)