広島、内川獲得に速攻アタック!指揮官も出馬へ

◆ FA交渉あす解禁 ◆

 フリーエージェント(FA)申請期間が16日で終了し、横浜の内川聖一内野手(28)、西武の細川亨捕手(30)、日本ハムの森本稀哲外野手(29)らが手続きを完了した。FA宣言選手はきょう17日に公示され、所属球団以外との契約交渉は、あす18日から解禁される。広島は内川の獲得に向け、解禁即の交渉を準備していることが判明。どの球団よりも早い18日中の交渉を内川に打診する構えで、野村監督の直接出馬も予定するなど、万全の準備で球団初のFA補強に臨む。

◆ 真っ先に誠意と熱意を伝える ◆

 本気度をスピードで示す。真っ先に誠意と熱意を内川に伝える必要がある。

 「条件は他球団よりも良くないかもしれない。だが、球団として、そこだけは譲れない」

 球団関係者は解禁初日の交渉にこだわり、球団史上初のFA補強の準備を進めていることを口にした。

 この日、FAの申請期間が終了。きょう17日にコミッショナーから「FA宣言選手」として公示され、18日から対象選手は所属球団以外との交渉が可能となる。そこで広島は公示後、速やかに内川に電話連絡を入れ、解禁日となる18日午前中の交渉を打診する。もちろん、内川本人の都合次第ではあるが、万難を排して午前中をあけ、返答を待つ構えだ。「一番に交渉することに意味がある。それに関しては王さんであっても譲れない」と関係者は言う。同じく内川の獲得を狙うソフトバンクも王球団会長の直接出馬も含め、早期の交渉を目指しているが、カープはあくまでも「一番」にこだわって物事を進める。

 条件面は現年俸の1億7000万円からのアップをベースに複数年契約を提示。出来高払いなど球団として最大限のものを用意する。さらに18日の交渉が実現すれば、現在、宮崎・日南で秋季キャンプを行っている野村監督が交渉に同席するプランも検討されている。まさに現場、フロントの総力を挙げて内川の獲得を目指す。

黒田“広島愛”を胸に…単年契約でドジャース残留

 ドジャースは15日(日本時間16日)、FAとなっていた黒田博樹投手(35)と再契約を結んだと発表した。1年契約で年俸は1200万ドル(約9億9600万円)プラス出来高。シーズン終了後に広島に戻り、古巣復帰も考えたが、約1カ月間悩んだ末に来季も最高峰の舞台で勝負することを決断した。単年契約は黒田自身の希望。あえて厳しい環境に身を置き、悲願のワールドチャンピオンを目指す。

 ▼ドジャース・黒田 この1カ月間、悩み抜きましたけど、今はすっきりした気持ちです。シンプルに野球人として何が一番大切か、さらにレベルアップしていくには何が必要なのかを考えて決めました。今回は腹をくくって決めたことです。ただ残念だったのは、一部で、早い段階で僕が日本復帰を決めたと誤った報道が出てしまい、結果的にファンを一喜一憂させてしまったことです。そんな中、ドジャースとの独占交渉期間が終わるのを待って、カープが獲得にすぐに手を挙げてくれたのはうれしかった。カープが手を挙げてくれた以上、日本に復帰するなら、カープしかないと考えました。それは事実です。

ドラ4金丸、仮契約「やっと実感がわいてきました」

 ドラフト4位指名の金丸(東海理化)が名古屋市内のホテルで契約金4000万円、年俸1000万円で仮契約を済ませた。「契約の金額を見てビックリして、これがプロかと、やっと実感がわいてきました」と初々しいコメント。即戦力の期待がかかる左腕は「カープは東海理化と似て地域密着の球団。生え抜きの選手がたくさん1軍で活躍しているので、成長できる場所だと思う」と抱負を語っていた。

SpoNichi


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-11-19 (金) 01:00:03 (3230d)