広島・石井、4年後まで待つ?内川に「信じてるよ」

 赤ヘル軍団は内川獲得をあきらめない?広島・石井琢朗内野手(40)が3日のミズノアドバイザリープロスタッフ会議出席後、FA権を行使してソフトバンク入団を決めた内川聖一内野手(28)について言及。広島は球団初のFA補強を目指して交渉しながら振られた形になったが、横浜時代の先輩は権利が再取得できる4年後のカープ移籍を呼びかけた。

 決断は尊重する。だが石井の胸中には寂しさも残った。「僕としては残念。カープに来ていたら劇的にチームを変えることができていた」。内川は横浜時代から石井を慕い、年明けの自主トレに同行。石井も公私にわたって面倒を見てきた。この日の会議が移籍後初対面で、ベテランは「4年後の話をしましたよ。信じてるよって」と笑顔。もちろんジョークだが、それだけ加入を心待ちにしていた証拠だった。

 大記録が目前に迫る。通算2500安打まであと98本。過去7人しか記録していない1万打席にも、あと186打席で到達する。「若手の成長の邪魔をしてはいけないから複雑だけど、数字ではなく、1本の質を求めたい」。内川が加入する?4年後まで石井はひたすら勝利を追い求める。

前田健スパイク軽量化…さらなる飛躍へ足元固め

 前田健がさらなる飛躍へ「軽量スパイク」で足元を固める。ミズノアドバイザリープロスタッフ会議で、足の甲の部分に軽量素材を使用したスパイクを発注。春季キャンプから本格的に使用する。現在使用している350~360グラムのものから、わずか数グラム軽くなる見込み。同社シューズ担当者も「感覚のレベル」とするぐらいの微妙な軽量化に「せっかくこういう機会をもらったので、新しいものを試してみるということ」と狙いを話した。

嶋“生涯カープ宣言”年俸5000万円の2年契約結ぶ

 今季取得したFA権を行使せずに残留した嶋が球団事務所で契約更改に臨み、年俸5000万円(推定)で新たに2年契約を結んだ。「今年の悔しい気持ちをカープで取り返したいです。(2年契約提示で)愛着がわかないわけがない」。“生涯カープ”宣言に対して、鈴木球団本部長も「レギュラーを狙ってほしいけど、代打でも貢献してくれる」と必要不可欠な戦力であることを強調した。

SpoNichi


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-12-25 (土) 23:33:46 (3187d)