広島・広瀬「プライド持って頑張る」5000万円で更改

 遅咲きの男が満開の花を咲かせた。広島・広瀬純外野手(31)が16日、マツダスタジアム内で契約を更改。今季年俸2000万円から150%アップとなる5000万円でサインした。

 喜びがこみ上げると同時に、新たな責任感が広瀬の中で芽生えていた。

 「金額も増えたことで、自分の責任も、チームに対する責任も増える。しっかりとしたプライドを持ってまた来年、頑張っていきたい」

 今季は3年ぶりの開幕戦スタメンを勝ち取り、5月1日に打率を3割に乗せると、最終戦までそれを死守。守備面でもリーグトップタイの10補殺を記録。初のゴールデングラブ賞も獲得した。プロ10年目で初の規定打席に到達し、打率・309、12本塁打、57打点と全部門で自己最多を更新。加えて、135試合、149安打も自己最多。それでも現状に満足はない。「他球団の外野手に比べると物足りない選手。少し寂しい数字」

 来季は全試合出場を最大目標に掲げ、成績面でも今季からの上積みを目指す。

東出「体をしっかり鍛える」現状維持の1億円で更改

 東出は4年契約の3年目で、年俸は今季の1億円からの現状維持で更改。来季に向け「自分自身は体をしっかり鍛えて、1年間元気な姿でグラウンドに立てればいいと思う」と話した。

 今季は8月22日に右肘痛のため出場選手登録を抹消。同26日に右肘遊離軟骨の摘出手術を受けた。「心にダメージが残るくらいのケガをさせてもらった」と苦笑いで振り返る。既に患部は「問題ない」と言う。例年通り、1月中旬から沖縄に先乗りし、温暖な地で体をつくり上げる。

SpoNichi


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-12-18 (土) 12:55:17 (3200d)