#navi(ChuGoku)

#contents

***新任コーチ 3人を発表 '10/10/26 [#df1c4d7a]
 広島は25日、新任コーチの3人を発表した。今季限りで阪神の2軍打撃コーチを退任した町田公二郎氏(40)が1軍打撃コーチを担当。スコアラーの玉木朋孝氏(35)は2軍、今オフに戦力外通告を受けた青木勇人氏(33)は3軍投手コーチにそれぞれ就任する。玉木コーチの担当部門は未定。町田コーチは26日、広島市南区のマツダスタジアムで就任会見をする。
 
***「脱ブルペン」 投手陣、変革の秋 '10/10/26 [#qc8e13c3]
 
 野村カープ2度目となる秋季練習で、投手陣の調整内容が1年前とは様変わりしている。メニューの柱は走り込みや送球練習。「9番目の打者」としての打撃やバント練習は姿を消した。30日からの秋季キャンプも「脱ブルペン」の方針が決まるなど、変革の秋を迎えている。

 ▽走り込みや送球が柱

 16日の秋季練習スタートから10日。投手陣は午前中の大半を短距離や中距離のダッシュに割き、下半身強化に力を注ぐ。さらに力強いフォームと球威を養うため、一、三塁間の約40メートルを全力投球する練習を実施。ブルペンでの投球練習はほとんどない。

 すべては投手陣の立て直しが狙いだ。今季はチーム防御率は球団史上3番目に悪い4・80。「結果が出なかった以上、何かを変えなければいけない」という野村監督の号令の下、練習メニューを大胆に見直した。

 秋季キャンプの内容も一変しそうだ。昨年は多くの投手が毎日のようにブルペン入りしたが、「今年は1クールに1回程度になる。基本的には秋季練習の内容を継続する方針」と山内投手コーチ。投手陣全体の球速、球威のレベルアップを、再建への必要条件と位置付けている。(加納優)

[[ChuGoku]]


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS