ブラウン前監督が帰国、解任に悔しさも…楽天

 今季限りで解任された楽天のマーティ・ブラウン前監督(47)が21日、米国へ帰国した。

 2年契約の1年目だったが、最下位の責任を取る形で解任された前監督。成田空港へ向かう仙台空港で取材に応じた。就任時にも、仙台のファンの熱さは何ものにも代え難いと称していたが、「素晴らしい応援で、ありがたい気持ちと感謝でいっぱいです」と、まずは地元ファンへメッセージ。一方で、「本当なら(来年も)戻ってきて、勝ちに導きたかったが、できなくて申し訳ない」と、志半ばでの帰国へ悔しさもにじませた。

 今季は最下位に低迷したが、嶋基宏捕手(25)、聖沢諒外野手(24)をレギュラーに育て上げ、内村賢介内野手(24)ら若手を積極的に起用するなど一定の形も残した。「(選手は)自分のやらなければいけないことを信じて、やっていってほしい」と力説。気になる今後については「選手を育てる仕事をしたい。メジャーリーグの監督をするのが究極の夢だが、巡回コーチやスカウトでもいい」と、“生涯野球人”を貫く姿勢を強調し、機上の人となった。

HouChi


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS