マエケン「沢村賞」投手3冠セ界のエース!…広島

報道陣から贈られたケーキを前に笑顔でポーズをとる前田健 プロ野球界でNO1の先発完投型の投手に贈られる「沢村賞」の選考委員会(堀内恒夫委員長代行)が1日、都内のホテルで行われ、広島・前田健太投手(22)が初めて選ばれた。今季はセ・リーグ最年少で最多勝(15勝)、最優秀防御率(2・21)、最多奪三振(174)の「投手3冠」を達成するなど、安定した活躍ぶりが評価された。セ・リーグでは04年の中日・川上憲伸以来、広島では91年の佐々岡真司以来の受賞で、金杯と副賞300万円が贈られる。

 前田健が、また一つ勲章を手にした。最多勝、最優秀防御率、最多奪三振の「投手3冠」に加え、先発投手として最高の栄誉である沢村賞に輝いた。「取れるとは思っていなかったので、びっくりしています」。広島では91年の佐々岡以来19年ぶり、6人目の栄誉で、秋季キャンプ地の日南で臨んだ会見では、顔をくしゃくしゃにして喜んだ。

 15勝(8敗)、防御率2・21、174奪三振で、セ・リーグでは99年の巨人・上原(現オリオールズ)以来の3冠。指名打者制がない中で、両リーグ最多の215回2/3を投げ抜いた。セ・リーグでは04年の中日・川上(現ブレーブス)以来6年ぶりの受賞に「最近セ・リーグで沢村賞が出ていないことを聞いていた。それだけに光栄に思います」と、リーグの顔である自覚をにじませた。

 首脳陣も賛辞を惜しまなかった。チームは5位に沈み、防御率も4・80と低迷した。受賞を直接伝えた野村監督は「今年の結果が認められた。この賞の名に恥じないよう、これを励みにしてほしい」と孤軍奮闘だったエースを祝福。88年に受賞経験のある大野1軍チーフコーチも「この1年よく頑張った結果」とたたえた。

 来季に向け、この上ない発奮材料が加わった。日本ハムから1位指名された早大・斎藤ら逸材がそろう大卒の同世代がプロに飛び込んでくる。特に巨人1位の中大・沢村は直接対決の可能性もある。「挑戦される側というよりも、自分は自信を持ってさらに上を見てやりたい。盛り上げていけばいいが、同世代には負けません」と負けず嫌いな前田健らしく、プロの先輩としてのプライドを強調して見せた。

 「年齢的にも下の方。まだまだ満足していません。もっともっとチームとしてもよくしていきたい」。低迷を続ける広島は今季で13年連続のBクラス。リーグ優勝は91年までさかのぼる。22歳で「沢村賞」を受賞したマエケンには、チームを引っ張る立場さえ求められている。

 ◆沢村賞 プロ野球創成期に巨人軍のエースとして活躍し、太平洋戦争で戦死した故沢村栄治投手の功績をたたえ、1947年に創設された。セ・パ両リーグの優秀な先発完投型投手を対象とし〈1〉15勝以上〈2〉奪三振150以上〈3〉完投10試合以上〈4〉防御率2.50以下〈5〉投球回数200イニング以上〈6〉登板25試合以上〈7〉勝率6割以上―を基準とし、選考委員会(沢村賞受賞者もしくは同等の成績を挙げた投手で、現役を退いた5人で構成)で決定する。

HouChi


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS