石原「自分の気持ちもある」30日、2度目のFA交渉

 国内FA権を取得している石原の2回目FA交渉が30日に行われることとなった。19日の1回目交渉では白紙を強調し、態度を保留したが、この日も「自分の気持ちもあるし、いろいろ考えて答えを出したい」とスタンスは変わらず。今季も122試合に出場するなど、赤ヘル投手陣を引っ張ってきた存在だけに去就が注目される。

広島、来季へ走塁改革!スピード野球で上位狙う

 理想の野球の完成型はまだ、先にある。広島・野村謙二郎監督(44)が2011年に向けての走塁改革に着手した。

 昨オフの監督就任から機動力野球の復活を目標に掲げてきた指揮官。就任初年度はが盗塁王を獲得するなど、リーグトップの119盗塁を記録し、一定の効果を導き出した。進む方向に間違いはない。ならば来季の上位浮上には機動力を進化させるのが近道だ。この日の秋季練習では二塁後方に本塁方向に約30度傾けた棒を設置。一塁からの走塁の際、体を倒して棒をくぐり抜け、三塁を狙う練習を繰り返した。

 「ベースランニングに足の速い遅いは関係ない。技術練習は、やればやるだけ上達する」

 指導した緒方?野手総合コーチは話す。ラインから膨らまず、ベースの角を踏み、小さく回ることでスピードのロスなく次の塁を狙う。技術指導のレベルは昨年よりも一段上がった。

 栗原は「紙一重の部分を少しでもセーフにしたい」と高い意識を口にする。監督と同コーチの2人で計518盗塁、6度の盗塁王を獲得。スピード野球の代名詞の2人がチームにそのエキスを引き続き、注入していく。

SpoNichi


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS