力を抜いて“逆襲”じゃあ! 広島が1月31日、1次キャンプ地の沖縄に入った。就任2年目の野村謙二郎監督(44)は、昨季の反省をふまえ、肩の力を抜く。キャンプでも、早朝散歩をあえてなくすなど選手の自主性任せ。一方で「確たるレギュラーはまだいない」と、厳しい競争も示唆。硬軟を使い分け、野村カープがリベンジに挑む。

 今季のキャッチフレーズ「Strikin’ Back!! 逆襲」を地でいく。野村監督は、沖縄入り後に行ったミーティングを終えると、静かに決意表明した。

 「投手ならあそこで四球を出したとか、打者ならあの場面で打てなかったなど、個々の心に残る悔しさをもって戦いたい」。

 優勝を目指してチーム力を高める方針は、今季も同じだ。しかし就任2年目の指揮官は、そのスタンスを変えた。

 「昨季は1年目ということもあって、やらなきゃという気持ちが僕自身強すぎた。そういう反省の中で、球団にはいい補強もしてもらった。それに応えたい。そんなに変わったことはできないが、勝てるチームを作りたい」。

 「肩の力を抜く」と脱力を個人的な今季のテーマとしている野村監督。2年目は選手を信頼し、自主性に任せる。

 その表れのひとつが朝の散歩の撤廃。ブラウン前監督時代はなかったが、野村監督就任とともに復活。キャンプでは早朝7時ごろから選手、首脳陣スタッフ総出で宿舎近くを散歩し、簡単な体操をするのが日課だったが取りやめた。

 「早く起きて風呂に入ったり、自分で準備している選手も多い。朝食を、決めた時間までにとるようにしてもらえばいい。そうしてもギリギリまで寝ている選手はいないはず。信頼しています」。裏を返せば、選手の自覚が問われることにもなる。

 ただし自主性に任せてもレギュラー争いは厳しくいく。昨季は広瀬や梵が活躍したが、レギュラーは確約しない。

 「近い選手はいるが、確固たるレギュラーはまだいない」。横一線の争いをあおり、狙うのはチーム力アップ。「選手には120%期待しています」という熱血指揮官が、静かに、そしてしたたかに2年目のスタートを切る。【高垣誠】

RIGHT:[[廣島鯉記事日報/2011-02-01]]



トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS