#navi(DaiLy)

#contents

***福井、栄光ナンバー「11」早大と同じ [#g017f357]
 広島からドラフト1位指名された早大・福井優也投手(22)が6日、東京・西東京市の早大野球部合宿所で苑田スカウト部長、尾形スカウトから指名あいさつを受けた。背番号は大学でつけていた「11」に決定。苑田部長を通じ、野村監督から開幕ローテ入り有力候補を伝えられた右腕は、歴史ある11番を自分色に染めることを誓った。

  ◇  ◇

 指名あいさつ後、福井は苑田部長からプレゼントされたカープ帽をうれしそうにかぶった。

 「ドラフトが終わってドキドキしながら(指名あいさつを)待ってました。(指名され)初めて実感がわいてきました。ケガしないで自分のペースで頑張りたい」と笑顔で抱負を語った。

 カープ入りへ前向きな姿勢を見せる福井に、最高のプレゼントが球団から用意されていた。球団は背番号「11」を提示。主戦投手として通算11勝を挙げた早大と同じ、愛着のある番号をプロでもつけることになった。「大学と同じ番号でうれしいです。10番台をもらえるなんてよかったなと思います」と喜んだ。

 「11」は、広島ではかつて現在レンジャーズで活躍中のコルビー・ルイスや、沢村賞投手の池谷公二郎氏がつけていた番号だ。だが「前の投手はあまり知らないので、イメージがわかない」というように、自分のイメージを定着させる心意気。苑田部長も「背番号は自分が作るもの」と、将来『福井=11』となることを期待した。

 ドラ1即戦力右腕への期待は大きく、野村監督は来季の開幕ローテ候補の1人に挙げている。同部長から「先発の5本柱に入ってもらいたい。ケガせず頑張ってもらいたい」と、指揮官のメッセージを伝えられた。福井も「1年通して、できる体作りをしていきたい」。来季は開幕から年間通してローテで投げるためにも、13日からの明治神宮大会終了後はプロの舞台に備え、走り込みを継続していく構えだ。

 あいさつの席では、厳しいと言われる広島の練習内容に興味津々で聞き入ったという。「野村監督は駒沢大学の練習なので。そんなに厳しくないと言われて、少しは楽になりました」とユーモアたっぷりに話した。

 指名後、メールが200件も来て「ドラフト1位ってすごいんだなって思いました」と驚いた。そんなドラ1にふさわしい“すごい活躍”を、初年度からしてみせる。

***篠田来季ノルマ…2ケタ星&規定投球回 [#qc60e111]
 宮崎・日南で秋季キャンプを行っている広島・篠田純平投手(25)が6日、来季の最低ノルマとして「2ケタ勝利と規定投球回」を掲げた。沢村賞に輝いた1年年下の前田健が刺激となり、普段は口にしない具体的目標を明言した。またこの日、契約更改交渉を行い、800万増の2400万円でサインした。

  ◇  ◇

 普段は寡黙な男が、大きな目標を掲げた。キャンプ練習後、来季について問われた篠田は「心の底から2ケタ勝ちたい。あとは規定投球回を強く意識していきたい」とキッパリ言い切った。

 今季は開幕ローテ入りしたが、不振により1試合で中継ぎに転向。2軍落ちも経験した。だが、中盤に復帰すると、ローテを守り、自己最多の6勝を挙げ、初の100投球回も達成。「1年間、フルにやれれば(2ケタ勝てる)」と、十分な手応えをつかんだ。

 今秋のキャンプは、そのための土台づくりにうって付け。投手陣全体が下半身を徹底して鍛え、遠投や塁間送球で強い肩をつくる練習を行うが「キツイけど、来年につながる」と、飛躍へ向け、一切の妥協はしない。

 大きな刺激は3歳下ながら、投手3冠、沢村賞にも輝いた前田健の存在だ。「あれだけのことをやった投手。年下とか関係なしに、いいものを見てしっかり学びたい」と、今キャンプでもマエケンの練習法などを見て、エキスを吸収している。マエケンとチーム内でタイトルを競争することにも「そうなればいい」と、闘志満々だ。

 この日の契約更改でも「予想以上」と言う800万増の2400万円でサイン。来季こそローテの軸へ、という球団の期待の表れだ。「来年、もっとやらないと」と言う篠田がマエケンと並び、投手の軸に成長すれば、鯉の浮上は見えてくる。

***広島外国人3選手が退団 [#hd3bbaba]
 広島はジャスティン・ヒューバー内野手(28)、ジェフ・フィオレンティーノ外野手(27)、ビニー・チューク投手(31)と契約を更新しないことが、6日までに決まった。ヒューバーは右の大砲として期待されたが、80試合で打率・220、7本塁打、フィオは44試合で打率・246、2本塁打と不振に終わった。ジオ・アルバラード投手(32)とエリック・スタルツ投手(30)は、新外国人の獲得状況を見て判断。

***旧広島市民球場備品ネット競売へ [#va5c2f3d]
 広島市は、年内にも解体を始める予定の旧広島市民球場(広島市中区)の座席やダッグアウトベンチなどの備品をインターネット競売サイト「ヤフーオークション」に今月30日から出品する。

 出品するのは、プロ野球・広島カープOBの衣笠祥雄さんや大野豊さんらのサイン入り座席11点のほか、通常の座席685点、入場券発売所看板など計884点。最低入札価格は1000円。

 参加資格は20歳以上。17日までの事前登録が必要で、入札期間は12月7日まで。市は同様のオークションを来年1月にも実施する予定。

 市は7日午前10時から午後3時まで同球場で下見会を行い、サイン入り座席など約30点を展示する。

[[DaiLy]]

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS